Google AdSense


最近のトラックバック

« 札幌医大:「エホバの証人、非常時も輸血なし」 治療マニュアル改定の方針@毎日新聞 | トップページ | 聖神中央教会@クリスチャントゥデイ »

2005年4月18日 (月)

宗教上理由で君が代拒否 欠席扱い撤回を 石狩管内の高校生@北海道新聞

宗教上理由で君が代拒否 欠席扱い撤回を 石狩管内の高校生
2005/04/10 06:30

 宗教上の理由で三月の卒業式での国歌(君が代)斉唱を拒否し、式に出席しなかった石狩管内の道立定時制高校の在学生(17)が、学校側が「欠席」扱いにしたのは不当だとして、学校に撤回を求めている。「日の丸」「君が代」実施をめぐり、生徒が学校の対応に抗議するケースは異例。生徒に「式に出席しない権利」は認められるのか。また、生徒が「出席できない」と申し出た場合、学校はどんな対応ができるのか。今回のトラブルは、そんな問いを投げ掛けている。

 抗議しているのは、宗教団体「エホバの証人」を信仰する男子生徒。

 同校は式の数日前、在校生に対しホームルームで、国旗・国歌の掲揚、斉唱を実施する方針と同時に憲法で保障された内心の自由を守るため、「歌う、歌わない権利」「立つ、立たない権利」があり、「それによって不利益を被らない権利」があることを説明した。

 生徒は副担任の教師に信仰を打ち明けた上で「出席できない」と申し出た。「君が代の歌詞が教義で禁じている偶像崇拝に当たる。自分で歌わなくても、聴けば音楽が耳に残ってしまうので、その場にいたくなかった」と訴えている。

 副担任が、国歌斉唱終了後に入場できるよう受付係をするなどの方法での参加を提案したが、生徒は「これを受けてしまうと、来年も再来年も同じ事で、何の問題解決にもならない」と拒否、出席を見送った。

 生徒は「学校が式に出席できない状況をつくっているのに、事務的に欠席扱いと処理されるのは、納得できない」として、「欠席」扱いの撤回と同時に、来年以降の配慮ある対応を求めている。

 これについて、校長は「一人のために国歌斉唱をやめることはできない。欠席した生徒は規則上、『欠席』以外には扱えない」と従来の対応を変える考えがない意向を示し、今後については「生徒と話し合い、学校の考えを理解してもらいたい」としている。

 しかし、副担任は「公立学校はどんな考えの生徒も行事に参加できるよう配慮すべきだ」と反発、同調する教員も多い。生徒は札幌弁護士会に人権救済申し立てを行うことも検討しており、学校は対応に揺れている。

« 札幌医大:「エホバの証人、非常時も輸血なし」 治療マニュアル改定の方針@毎日新聞 | トップページ | 聖神中央教会@クリスチャントゥデイ »

000:報道・書籍」カテゴリの記事

003:エホバの証人」カテゴリの記事

コメント

1人のために式で決まっていることをやめるわけにはいかないと思う。
校長の意見は正しい。
校長先生がんばれ!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 札幌医大:「エホバの証人、非常時も輸血なし」 治療マニュアル改定の方針@毎日新聞 | トップページ | 聖神中央教会@クリスチャントゥデイ »