Google AdSense


最近のトラックバック

« 『「カルト」を問い直す 信教の自由というリスク』を読むリスク | トップページ | トム・クルーズとサウスパーク »

2006年2月23日 (木)

聖神中央教会・金保に懲役20年判決ですが

 教会内での聖虐待事件について、京都地裁でこういう判決が出たわけで、そりゃまあ当然だろうと思います。
 奇しくも、この判決が出る直前、このブログの過去の記事に「聖神中央教会である役職をになっていたもの」という方からのコメントがありました。

2005年4月11日 (月)
理解に苦しむ浅見定雄コメント

 「副牧師、長老、役員たちですら事実関係をまったく知らないまま突然起きた事件でした」と、飽くまでも金保個人の犯罪ということで片付けようとするかのような意見で、事件直後に類似の声明を出した浅見定雄氏を支援する内容です。
 しかし、どう考えても、こういうスタンスで聖神中央教会事件を評価するのって、おかしいんですよね(浅見氏については、当時拙速な意見を出したというだけで、現在も同じ意見なのかどうかは知りませんが)。

 浅見声明の直後には、十数人もの教会幹部が京都府警の事情聴取に「永田容疑者が牧師室で少女に暴行しているのを知っていた」と語っているとの報道もありました。
 つい最近も、横浜支部の牧師が子どもに暴力をふるった件で訴えられています。聖神中央教会の現代表・西山務牧師にしても、金保逮捕後に記者会見で「捜査結果を待ちたいが、私たちは永田牧師(金容疑者)が無実であると信じています」などと語り(2005年4月27日共同通信)、内部調査すら行わないとしていました。いまでは事件について「事件は教会とは関係がない。被告自身の問題」という論理で(2006年2月21日共同通信)、ヤフーニュースの日経新聞記事によれば、「聖書の言葉の通り人は人を裁かない」と言って教団としての真相究明には依然として取り組まない姿勢を示しているとのことです。
 やっぱり、組織ぐるみでおかしい団体でしょう。聖神中央教会の問題は、「金保だけ」でも「性虐待だけ」でもないと思います。

« 『「カルト」を問い直す 信教の自由というリスク』を読むリスク | トップページ | トム・クルーズとサウスパーク »

001:聖神中央教会」カテゴリの記事

000:報道・書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖神中央教会・金保に懲役20年判決ですが:

« 『「カルト」を問い直す 信教の自由というリスク』を読むリスク | トップページ | トム・クルーズとサウスパーク »