Google AdSense


最近のトラックバック

« 2006年1月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年2月

2006年2月23日 (木)

聖神中央教会・金保に懲役20年判決ですが

 教会内での聖虐待事件について、京都地裁でこういう判決が出たわけで、そりゃまあ当然だろうと思います。
 奇しくも、この判決が出る直前、このブログの過去の記事に「聖神中央教会である役職をになっていたもの」という方からのコメントがありました。

2005年4月11日 (月)
理解に苦しむ浅見定雄コメント

 「副牧師、長老、役員たちですら事実関係をまったく知らないまま突然起きた事件でした」と、飽くまでも金保個人の犯罪ということで片付けようとするかのような意見で、事件直後に類似の声明を出した浅見定雄氏を支援する内容です。
 しかし、どう考えても、こういうスタンスで聖神中央教会事件を評価するのって、おかしいんですよね(浅見氏については、当時拙速な意見を出したというだけで、現在も同じ意見なのかどうかは知りませんが)。

 浅見声明の直後には、十数人もの教会幹部が京都府警の事情聴取に「永田容疑者が牧師室で少女に暴行しているのを知っていた」と語っているとの報道もありました。
 つい最近も、横浜支部の牧師が子どもに暴力をふるった件で訴えられています。聖神中央教会の現代表・西山務牧師にしても、金保逮捕後に記者会見で「捜査結果を待ちたいが、私たちは永田牧師(金容疑者)が無実であると信じています」などと語り(2005年4月27日共同通信)、内部調査すら行わないとしていました。いまでは事件について「事件は教会とは関係がない。被告自身の問題」という論理で(2006年2月21日共同通信)、ヤフーニュースの日経新聞記事によれば、「聖書の言葉の通り人は人を裁かない」と言って教団としての真相究明には依然として取り組まない姿勢を示しているとのことです。
 やっぱり、組織ぐるみでおかしい団体でしょう。聖神中央教会の問題は、「金保だけ」でも「性虐待だけ」でもないと思います。

2006年2月22日 (水)

『「カルト」を問い直す 信教の自由というリスク』を読むリスク

 日ごろ、カルトや自己啓発セミナーの問題については、素人が理解できるように整理したり、素人でも探し当てることができる場所に情報を載せておくことがとにかく重要だと考えています。今年1月に出版された『「カルト」を問い直す』(櫻井義秀、中公新書ラクレ)は、そういう意味でかなりオススメの一冊。オウム真理教(現アーレフ)問題、統一教会問題、脱会カウンセリング問題、カルト問題をめぐる大学内の事情など、フィールド調査の成果をまじえながら報告し、カルト関連の議論について整理、解説、問題提起を行う内容です。
 書かれている情報が比較的新しく、「現場の事情」との兼ね合いを重視して議論の視点や方向性を検討している点が、特にすばらしいと思います。たとえばオウム信者の居住地で起こった住民反対運動をめぐって、「人権派」と呼ばれる人々がオウムバッシングに異を唱えているわけですが、著者の櫻井氏は、地元住民がオウムに対して抱く生活者としての不安と部外者の「正論」を並べて見せた上で、この「人権派」の論理について「原則論」「法律論」の域を出ない人権論であると批判的に解説しています。「オウム信者の人権」といった原則論だけでは、実際の問題に現実的な答えを出すことはできない、という考えに立っています。
 オウム問題に限らず、統一教会問題をめぐっても、ある程度具体的な事例などをまじえて「論」を展開する構成なので、カルト問題に馴染みのない人でも、カルトをめぐる社会的な問題や議論をある程度見渡すことができるのではないでしょうか。

 ただしこの本には、不自然で不可解な部分もあります。特に初心者が読む場合にこそ注意すべき「罠」があると言ってもいいかもしれません。ぼくが特に重視している問題点は、以下の2つです。

(1) 部外者による「原則論」より当事者の現実的な事情への配慮を訴える構成・論調であるのに、脱会カウンセリングについてはむしろ「原則論」によって擁護している。
(2) 脱会カウンセリングについて、「宗教をやめさせる自由」という不可解な概念を突如、提示している。

 脱会カウンセリングについては、月刊『現代』2004年11月号でルポライターの米本和広氏が、牧師や信者家族が統一教会信者を拉致監禁して脱会させるという手法をとっていることをレポートし批判しています。ここでは、統一教会脱会者が自分を拉致監禁した親に関して発した辛らつなコメントが実名で掲載されていました。
 これに対し櫻井氏は本書の中で、本人の「心身症的状態」(櫻井氏がそう表現している)や、家族への影響、家族との今後の関係への影響を危惧し、コメントを実名で掲載したことについて米本氏を批判しています。元信者の言葉を米本氏が真に受けて、その言葉の背景への洞察が不足していたとして、元信者のコメント信憑性にも疑問を投げかけています。
 米本ルポについて元信者やその家族への影響を懸念しているのは櫻井氏だけではありません。ぼく自身、カルト問題に取り組む別の人から同様の指摘をしているのを耳にしています。ぼくも同じ思いではあります。
 しかしそれは原則論として正しいものの、特定の事例やそこに関わる人への評価として正しいかどうかはわかりません。
 ルポに登場した元信者が何を思い、米本氏との間にどういった関係を構築し、どういうプロセスで掲載にいたり、その結果どうなったのか(あるいはどうなる可能性があったのか)。結局、そこを具体的に提示し検証しなければ米本氏を批判するほどの根拠があるとは言えないわけですが、本書で櫻井氏はそういった作業はしていません。他の事例や裁判情報や論文を紹介しつつ、それに基づく「原則論」で米本氏を批判しています。
 批判の内容自体は原則論・一般論としてはまっとうなんですが、部外者的な原則論を批判する他章の論法から大きく外れていると同時に、米本氏への批判の手法としても少々アンフェアです。

 脱会カウンセリングの意義やリスクについて具体的・実証的な記述がないのも気になりました。「信教の自由というリスク」との副題を掲げ、本文でも宗教にからむリスクについて解説しているわりに、脱会カウンセリングの部分については、リスクを測れる材料どころかリスクを測る必要性すらも提示せずにヨイショしています。
 もともと脱会カウンセリングをめぐっては当事者たちの秘密主義という壁があり、それを無理やりこじ開けるわけにもいきません。本書が脱会カウンセリングについて説明不足の提灯記事になっているのは、著者の問題だけではなく、脱会カウンセリングについて部外者が判断する上で必要な情報さえもほとんどアウトプットしない関係者たちの村構造の問題でもあります。著者自身が日本脱カルト協会の理事なので、しがらみは間違いなくあるでしょう。
 この辺までが、(1)に関連する問題点です。
 誤解のないように書いておきますが、過去・現在ともに「脱会カウンセリング=拉致監禁」とは限りません。

 (2)にからむ部分ですが、櫻井氏は本書で、脱会カウンセリングに携わる側とそれに反発する側(教団や信者、反カルト運動を批判するライターなど)との対立を、宗教を「やめさせる自由」と「信教の自由(あるいは、やめない自由)」との対立として説明しています。
 信教の自由については、憲法にも書かれていることですから特に説明はいらないでしょう。問題は「やめさせる自由」です。そんなもん、はたして本当にあるんでしょうか。ぼくには、とりあえずあると想定して議論することすら困難に思えます。
 統一教会信者が自分を拉致監禁したケースについて、裁判所も含め周囲が一定の理解をできるのは、家族の側のやむを得ない事情を考慮するからではないでしょうか。「自由である」のと「やむを得ない事情がある」のとでは全く違います。
 説得する側にあるのは、あえて名づけるなら「説得する自由」や「助言する自由」、あるいは影響を受ける者としての「反対する権利」でしょう。たとえば自分の家族が統一教会に入って詐欺的・脅迫的活動に従事しているとなれば、多少強引な説得でもしないわけにはいきません。
 カルト信者の家族が「やめさせる自由」をふりかざしているという印象は全くないですし、櫻井氏が本書で紹介している事例からもそういう事実は読み取れません。しかし仮に、家族が「やめさせる自由」をふりかざしていたとしたら、拉致監禁ではなく「説得」のレベルであったとしても世間的に支持されたり許容されたりするのは難しいでしょう。

 宗教を信じる自由は、信仰や団体への加入が自己決定にゆだねられている範囲において言えることであって、信者や勧誘相手の自己決定権を奪うカルト教団の手口は、むしろ信じる自由を侵す存在です。一方、説得する側が事情に応じて許される範囲を超えた手段で脱会工作を行うなら、やはり信者の自己決定権を侵していることになります。
 どちらの場合にせよ、事情に応じた範囲を超えて自己決定権を侵す自由なんてありません。
 「やめさせる自由」という概が現場の議論の中で交わされているなら、その事実をレポートすることに問題はないと思います。レポートすることとその概念に基づいた議論を支持することとは別ですし、議論の内容を検討するには、たとえ不可解な議論であってもまずは内容をレポートする必要があるからです。
 しかし櫻井氏は本書で、「やめさせる自由」という概念や議論の存在をレポートしたわけではありません。各事例や議論を紹介し、それを「信教の自由 vs やめさせる自由」であると櫻井氏自身が判断している内容です。しかも、その概念を持ち出す理由や意義については書かれていません。そこに確たる根拠が書かれていれば、ぼくももう少し違う感想を抱いたかもしれません。
 彼にとってこの概念は、説明するまでもない当然の前提だということなのでしょうか。議論・概念の内容だけではなく、そこにも若干の恐怖を感じました。

 説得における信者と家族の対立を「自由vs自由」と言ってしまうと、読み物としてはドラマチックで面白いかもしれません。しかしそれこそ現場の事情から離れた部外者の論理のような気がしてしまいます。これもまた本書の矛盾点です。
 さらに、日本脱カルト協会の理事である櫻井氏がこうした不用意な記述をすることで、カルトをめぐる現実的な問題に対する社会的理解が歪められないかということも心配になります。あるいは、こうした理事によって反カルト運動がミスリードされることを心配すべきなのかもしれません。
 一見して反カルト運動の提灯をぶらさげた本のようでもありながら、実は不必要に反カルト運動の足を引っ張りかねない要素も含んでいます。

 ここでは本書の読者に悪影響を与えかねない重要な問題点を説明するためにだいぶ分量を割きました。しかし冒頭に書いたとおり、全体的にはカルト問題を考える上で参考になる良書と言っていいと思います。カルト問題の初心者でも読める本が出たことは、やはり喜びたいです。
 初心者が読めるからこそ、その悪影響も心配になるわけですが、読者が思考停止せずに読みさえすれば問題はないでしょう。まだ読んでいない方には、ぜひとも本書に潜むリスクを踏まえながら読んでいただきたいと思います。
 ウワサでは、けっこう売れてるらしいっすよ

【関連リンク】
Amazon『「カルト」を問い直す―信教の自由というリスク』
櫻井義秀のホームページ/この本の著者・櫻井氏(北海道大学教授)のサイト。
日本脱カルト協会/著者が理事を務める団体のサイト。
夜桜餡/米本ルポに登場した元統一教会信者で拉致監禁被害者のサイト。「拉致監禁問題」に関する米本ルポの全文を読むことができます。
みさちのひとり言/同じく米本ルポに登場する拉致監禁被害者のサイト。牧師による米本批判等を紹介し、拉致監禁被害者としてコメントしています。
日本国憲法/第20条に「信教の自由」があるので、いちおう紹介。蛇足かもしれませんが、カルト問題を考える上での基本理念として19~29条あたりが重要。

-------------------------
2006.02.23 一部改訂

2006年2月21日 (火)

ホームオブハートの消費者被害訴訟

 昨日、傍聴してきました。傍聴席は満席に近い状態で、ホームオブハート(HOH)側からも、幹部やメンバーと思われる女性など計6人ほどが集結。さらに、元 X Japan のTOSHIの妻も、HOH側の弁護士とともに法廷に出席していました。
 「HOHとTOSHI問題を考える会」の山本ゆかり代表が証人に立つということで、それを見物に来たのか、あるいはプレッシャーをかけにきたのか。
 HOH社・代表取締役社長で、今回の一連の裁判の被告にもなっている加田順子氏も傍聴席におり、証人の山本氏が自分のことについて言及すると、仲間の背中を突っついてニヤニヤするなどしてました。

 証人尋問では、コンサートなどを口実に勧誘相手を誘い出しセミナーを受けさせる手口、セミナー内での暴力・暴言、子どもの扱いなどが改めて説明されました。女性メンバーを自分と一緒に入浴させるといった、MASAYAの“ハーレム生活”にも言及されました。
 HOH側の弁護士からの尋問を聞いていると、どうも自己啓発セミナーの構造をわかっていないというか、あえてわからないふりをして、HOH(あるいはトシオフィス)全体としてみればさほど深刻な問題はないと言おうとしているかのような態度に見えました。たとえば、トシオフィス経由でHOHに勧誘された人の人数が、「いま記憶から数えられる範囲では少なくとも10人程度」との証言について、「たったそれだけなんですね」みたいなことを言ってみたり、という調子。もっともそれに対して山本氏は「HOHのセミナー規模を考えれば、かなり多い割合だと思っている」と言っていました。
 裁判官だって自己啓発セミナーのことなんか大して知らないでしょうから、こういうスタンスでの質問に答える形で山本氏がセミナーの内部事情を説明する機会があったのは、悪いことではないように思います。

 ぼくは仕事があったので途中退席しましたが、その後で、TOSHIの妻・出山香氏も、山本氏に対して「数万人の受講生のうち、破産したメンバーは一握りにすぎない」みたいな発言をし、「数万人」という数字はレムリア時代以前も含めたセミナー通算だというようなことも口走ったそうです。それはそれで、HOHになってからのセミナーをレムリア以前(アイランドなど)の「自己啓発セミナー」と同一のものとして彼らが認識していることを自白したようなもの。こうなると彼らは、「HOHは自己啓発セミナーではない」みたいなことも言えなくなりますね(それでも言ってしまいそうなのがHOHなわけですが)。

 次回以降、HOHを訴えている被害者が証言するようなので、またHOH側の幹部や女性メンバーが集まってくるんでしょうか。いずれにしても、書面提出中心の弁論から、こうした生のやりとりが行われる弁論に切り替わっています。HOH側の問題点や裁判の行方がだいぶわかりやすくなってくるので、興味のある方は傍聴に行ってみるといいのではないかと。
 裁判の日程は、ここにアップしてあります。

自己啓発セミナー対策ガイド/イベントカレンダー
http://www.geocities.jp/seminar_spirit/calendar00.htm

« 2006年1月 | トップページ | 2006年4月 »