Google AdSense


最近のトラックバック

« 英治さん、「迷惑です」(平和神軍ネタ) | トップページ | オルタナティヴ株式会社訴訟、第2回弁論 »

2006年7月15日 (土)

被告は弁護士つけず オルタナティヴ株式会社・消費者被害訴訟

 7/11(月)、オルターカレッジ(オルタナティヴ株式会社)の被害者が入学金返還と慰謝料の支払いを求めた訴訟の第1回口頭弁論を傍聴してきました。提訴の裁判の内容については、自己啓発セミナー対策ガイドの「オルターカレッジ被害者3人が提訴」を参照。

 今回は、1回目の弁論ということもあり、被告のオルターカレッジ側が答弁書を陳述して、次回記事を決めただけ。ものの数分で終わりました。
 驚いたのは、オルターカレッジ側が弁護士をつけていなかったこと。オルタナティヴ株式会社の代表者・白木祥子氏が単身で出廷していました。

裁判長「今後も弁護士はつけないのですか?」
白木氏「はい。ですが初めてのことなので、この先どうなるかはちょっと…」
裁判長「法的には弁護士をつけなくても裁判を進めることはできます。どうしろということをこちらからは言えませんが、これだけの内容について認否や反論をするのは大変なので、相談してみるといいのではないでしょうか」

 裁判長のホンネとしては弁護士をつけて欲しいのかもしれません。白木氏は、ちょとおどおどした感じのオバサンでした。見ための印象だけで評価するのはよくないかもしれませんが、ぼく自身、「この人ひとりで大丈夫なの?」という印象を抱きました。

 今回陳述されたオルターカレッジ側の答弁書の内容は、請求を棄却するとの判決を求め、請求原因に対する認否は追って準備書面で行うというものです。認否については、8月末までに提出することになりました。
 次回の弁論は9/11(月)13:10、東京地裁712号法廷です。

« 英治さん、「迷惑です」(平和神軍ネタ) | トップページ | オルタナティヴ株式会社訴訟、第2回弁論 »

010:オルターカレッジ(オルタナティヴ株式会社)」カテゴリの記事

コメント

先日に南朝鮮カルト教団の教祖による連続性的暴行事件が報道されました。

はじめまして。こちらから失礼します。
セミナーではなく医師がエネルギー療法と称してネットを通じて病気を治すような行為をしていますが、こちらはご存知ですか? 現在友人が関わっていて心配です。野島医院(鹿児島県)

 野島医院の存在は知ってはいますが、詳しいことまではわからないです。ただ、宇宙エネルギーで病気を治すなんて言われると、医療ではなく宗教でしょ、って気がしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被告は弁護士つけず オルタナティヴ株式会社・消費者被害訴訟:

« 英治さん、「迷惑です」(平和神軍ネタ) | トップページ | オルタナティヴ株式会社訴訟、第2回弁論 »