Google AdSense


最近のトラックバック

« 執筆記事一覧 | トップページ | オルタナティヴ株式会社から削除・謝罪要求がきました2 »

2007年1月10日 (水)

オルタナティヴ株式会社から削除・謝罪要求がきました

 1月9日、「コミュニケーションの学校」などと称するオルターカレッジ(新宿区など)の運営団体・オルタナティヴ株式会社(本社福岡市)から、当ブログと「自己啓発セミナー対策ガイド」に掲載されている同社関連の記事の削除と3年間の謝罪文掲載を求めるメールが届きました。
 同社は現在、オルターカレッジの実態が勧誘時の説明と全く違ったとする元受講生3人から受講料金返還や慰謝料支払いを求める訴訟を東京地裁で起こされており、今月29日にも第4回の弁論が開かれます(オルターカレッジ(オルタナティヴ株式会社)被害者3人が提訴)。

 オルタナティヴ株式会社から届いたメールと、こちらからの返答の全文を載せておきます。

【削除・謝罪要求のメール】

藤倉 善郎 様

オルタナティヴ株式会社 折笠守拙と申します。

藤倉様が「自己啓発セミナー対策ガイド」のサイトにて掲載されている「宗教・カルトウォッチ:010 オルターカレッジ(オルタナティヴ株式会社)」の件について、当社より申し上げたいことがございます。

なぜ、私どもの組織を宗教・カルトだと規定していらっしゃるのでしょうか?
その根拠は何なのでしょうか?
私たちのプログラムを学んだことがおありなのでしょうか?
私どもはかなり迷惑をしていますし、
私どもは多大な被害を被っていることをご存知でしょうか?
私どもの企業組織によって、被害を受けられたのでしょうか?
私どもの企業組織についてどれ程の事をご存知なのでしょうか?

あなたがやっていることは、サイバー空間内での酷いテロのようなことだと私たちは思っています。

藤倉様のサイトに関しまして、私どもからの要求は以下のとおりです。

【要求内容】
自己啓発セミナー対策ガイドに記載されている私どもの企業及び関連サイトの内容を削除すること、及び謝罪文掲載(謝罪文掲載後3年間は掲載し続けること)を要求致します。

【期限】
期限は遅くとも2007年1月15日までに実行することを要求致します。

この要求について何の実行もされない場合は、すべての法的な責任や社会的責任を強烈に抗議すると共に、追及する準備を開始いたしますことを明確に警告致します。

150名の人生がかかっている問題ですので、決して軽く扱わないでください。
まずは、メールにてご一報させていただきます。よろしくお願い致します。

2007年1月9日


--
==================================
折笠 守拙

オルタナティヴ株式会社
IMAコンサルティング事業部
 渋谷区神南1-20-14第7工業ビル5F
 TEL/03-3462-6390
 FAX/03-3462-5134

 s.orikasa@alternative-japan.co.jp
 ***********(携帯電話番号は消しておきました)
==================================

--

【藤倉からの回答】

オルタナティヴ株式会社
折笠守拙 様

 はじめまして。webサイト「自己啓発セミナー対策ガイド」およびブログ「宗教&カルト・ウォッチ」を運営しております、藤倉と申します。
 御社からのお問合せと削除・謝罪の要求についてお答えいたします。

> なぜ、私どもの組織を宗教・カルトだと規定していらっしゃるのでしょうか?
> その根拠は何なのでしょうか?

 「自己啓発セミナー対策ガイド」「宗教&カルト・ウォッチ」で私が書いた文章の中に、オルタナティヴ株式会社を宗教・カルトであると規定した文面はなかったと記憶しております。私のwebサイトとブログは、宗教・カルト・自己啓発セミナー・ニューエイジ集団その他、精神性を重視する団体全般や関連するトラブルを掲載しており、そこに記載した全ての団体を「宗教」「カルト」と断言するものではありません。
 また、特定の団体に対して「宗教」「カルト」という言葉を使う際には、そう述べる根拠も必ず併記するよう心がけています。関連記事を再確認の上、もし私が根拠を示さずに御社を宗教あるいはカルトと規定している箇所がありましたら、具体的に指摘してください。

> 私たちのプログラムを学んだことがおありなのでしょうか?

 セミナーを受講したりオルターカレッジに入校した経験はありません。ノ・ジェス氏の著作は読みました。

> 私どもはかなり迷惑をしていますし、
> 私どもは多大な被害を被っていることをご存知でしょうか?

 具体的にどのような被害を被っているのか教えてください。

> 私どもの企業組織によって、被害を受けられたのでしょうか?

 私個人は、いまのところ特に被害は被っていません。

> 私どもの企業組織についてどれ程の事をご存知なのでしょうか?

 記事を書くにあたって、オルターカレッジの元受講生、勧誘を受けたことがある人、受講生の親や友人への取材や、そういった方々から私のところに寄せられた相談内容を参考にしているほか、御社の関連webサイト、関連のパンフレットや書類、ノ・ジェス氏の著作も参照し、御社の関連イベントで私自身が見聞きしたことや御社関係者から私が受けた説明も考慮に入れています。
 「どの程度知っているか」という漠然とした質問に答えるのはとても難しいです。もし記事の内容に誤りや過不足があるというのであれば、それを具体的に指摘していただけないでしょうか。

> 【要求内容】
> 自己啓発セミナー対策ガイドに記載されている私どもの企業及び関連サイトの
> 内容を削除すること、及び謝罪文掲載(謝罪文掲載後3年間は掲載し続けること)
> を要求致します。
>
> 【期限】
> 期限は遅くとも2007年1月15日までに実行することを要求致します。

 現段階では、この内容の対応をお約束することはできません。記事のどこにどういった問題があるのか具体的に指摘していただいてから、対応を検討したいと思います。今回いただいたメールでは、記事の問題箇所も明らかでない上に、何についてどう謝罪してほしいのかもわかりません。
 私としては、記事の内容に誤りがあったと確認できた場合には、どこが誤りだったのかを明らかにし、その点について謝罪と訂正はします。しかし、その誤りが記事全体の価値を左右するものでない限り記事の全文削除には応じないというのが、私のサイト運営の基本方針です。
 また、私が御社の主張を受け入れるか受け入れないかは別として、内容に違法性や反社会性がない限り御社の反論をサイト内に掲載することはやぶさかではありません。ブログには誰でも自由に書き込むことができるコメント欄もありますので、良識の範囲での反論であればブログのコメント欄を利用していただいても構いません。

 記事の削除と謝罪掲載の要求については、できる限り期限である1月15日までに検討したいので、以下の内容について1月12日までにお送りください。

(1) 記事の具体的な問題箇所の指摘
(2) 御社が被ったと主張している被害の具体的な内容
(3) その被害が当サイトの記事によるものであるとする根拠
(4) 要求する謝罪文の内容

 なお、現段階では御社の主張は不明確ですが、削除と謝罪を求めるということ自体が御社の反論の意思表示なのだろうと思います。当事者の反論の機会を保証する当サイトの方針に沿って、御社からいただいたメールの全文をブログに掲載させていただきます。

******************
「自己啓発セミナー対策ガイド」
「宗教&カルト・ウォッチ」
運営者・藤倉善郎
seminar_spirit@yahoo.co.jp
******************

 オルタナティヴ株式会社への返答でも書いたとおり、同社からの削除・謝罪要求には、要求の根拠も示されておらず、どういう謝罪を求めているのかも不明です。こちらに非があるとわかれば問題部分の削除や修正もすれば謝罪もするつもりですが、このような状態でいきなり削除や謝罪の期限だけ決められても、ぼくとしてはどうしようもありません。
 オルタナティヴ側から1月12日までに要求の根拠が示されれば、期限である1月15日までにすべきことがあるかどうか改めて検討しようと思います。

 なお、ぼくが宗教&カルト・ウォッチ自己啓発セミナー対策ガイドで書いたオルタナティヴ社関連の記事は、以下の通りです。

自己啓発セミナー対策ガイド
にわかに話題沸騰! オルターカレッジとPBLS (2003/11/08)
オルターカレッジ説明会 (2004/07/27)
オルターカレッジ被害者3人が提訴 (2006/06/06)

宗教&カルト・ウォッチ
オルターカレッジ最新情報(2006/06/03)
オルターカレッジのシステム(2006/06/04)
オルターカレッジ(オルタナティヴ株式会社)被害者3人が提訴(2006/06/07)
オルタナティヴ株式会社、訴訟日程と動向(2006/07/02)
被告は弁護士つけず オルタナティヴ株式会社・消費者被害訴訟(2006/07/15)
オルタナティヴ株式会社訴訟、第2回弁論訟(2006/11/10)

« 執筆記事一覧 | トップページ | オルタナティヴ株式会社から削除・謝罪要求がきました2 »

010:オルターカレッジ(オルタナティヴ株式会社)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オルタナティヴ株式会社から削除・謝罪要求がきました:

« 執筆記事一覧 | トップページ | オルタナティヴ株式会社から削除・謝罪要求がきました2 »