Google AdSense


最近のトラックバック

« ブログ名変更しました。 | トップページ | 明日、コミケに店出しますよ »

2010年11月 7日 (日)

「やや日刊カルト新聞」初の削除要求キタ!

 このブログで何度か取り上げたオルターカレッジ(オルタナティヴ株式会社)という団体ですが、最近はNR JAPAN等々の団体名で活動しています。んで、そのNR JAPANの元講師で、やはりオルタナティヴ社や実質的指導者Noh Jesu(盧在洙)氏の関連団体であるJAPAN MISSION PROJECTの代表・内海昭徳氏が、現在、福岡市長選挙(11月14日投開票)に立候補しています(やや日刊カルト新聞:福岡市長選に自己啓発セミナー関係者が立候補)。

 福岡市選挙に関しては、「福岡市長選2010wikiサイト内の内海昭徳の項で、ぼくが過去に書いたオルターカレッジ関連のネット上の文章が引用されていました。これに対してNR JAPANの園田誠一郎という人がブチ切れ、「やや日刊カルト新聞」に削除と謝罪を要求したのに3年間も無視され続けているというデマを書きこみました。

 「やや日刊カルト新聞」宛にNR JAPANやオルタナティヴ社が抗議をしてきた事実は一切ありません。「やや日刊カルト新聞」は2009年10月に創刊されたニュースブログなので、3年間もNR JAPANからの抗議を無視するなどということは物理的にできません。この「やや日刊カルト新聞主筆ブログ」は、こないだまで「宗教・カルト&ウォッチ」というタイトルの個人ブログで、ここには2007年にオルタナティヴ社から削除や謝罪の要求か来たことはありますが。

 福岡市長選2010wikiには、ぼく自身が、NR JAPANの園田誠一郎氏の投稿はデマである旨を書きこんだのですが、これに対して園田氏は、同wiki内で「「やや日刊カルト新聞」には、正式に私の名前で削除を要請します。」と投稿。関係ない第三者のサイトへの投稿で削除要請したって、正式もへったくれもねえだろ、正式に要請するならうちに直接言ってこいやボケ!みたいに言っておきました(やや日刊カルト新聞:福岡市長選候補者をめぐり、選挙情報wikiで編集合戦)。

 そしたらNR JAPANの園田氏は、本当に「やや日刊カルト新聞」宛に直接、削除と謝罪を要求するメールを送ってきました。そのメールと、こちらからの返答を掲載します。

2010年10月31日、NR JAPAN からのメール

私、NR JAPAN株式会社の園田誠一郎と申します。
貴サイト「やや日刊カルト新聞」の藤倉様の個人ブログ「やや日刊カルト新聞主筆ブログ(旧・宗教&カルト・ウォッチ)」等におきまして、福岡市長選立候補予定者 内海あきのり氏ならびにNR JAPAN株式会社、オルタナティヴ株式会社についての事実とは異なる記事が掲載されており、それらが誹謗中傷に相当する内容でありますので、削除と謝罪を要求します。

掲載された内容のほとんどは、情報を曲解したもの、虚偽の情報であり、また人権に関わる内容です。
NR JAPAN株式会社、オルタナティヴ株式会社は、人文系産業をリードするベンチャー企業であり、時代の先駆者としてのプライドを持っています。にもかかわらず、私たちのベンチャー企業の名前が、新興宗教団体やカルト集団のように位置づけられていることが、理解できません。ですから、私たちを新興宗教団体、カルト集団と認識していないのであれば、速やかな削除と謝罪を要求します。また、当社で講師を務めていた内海あきのり氏は、言うまでもなく、信奉者ではありません。
貴サイトやブログに名称を記載されるだけでも、新興宗教団体やカルト集団関係との誤解を受け、多大な損害、名誉棄損となります。
早急に該当するページを削除し、今後このような内容を掲載しないように確約していただきたく存じます。
関連するURLの一覧は下記の通りです。
http://www.geocities.jp/seminar_spirit/new29.htm
http://www.geocities.jp/seminar_spirit/genba02.htm
http://www.geocities.jp/seminar_spirit/new58.htm
http://dailycult.blogspot.com/2010/02/blog-post.html
http://dailycult.blogspot.com/2010/10/blog-post_28.html
http://dailycult.blogspot.com/2010/10/wiki.html
http://cultwatching.cocolog-nifty.com/cult/2006/06/post_f613.html
http://cultwatching.cocolog-nifty.com/cult/2006/06/post_7ce0.html
http://cultwatching.cocolog-nifty.com/cult/2006/06/3_ca91.html
http://cultwatching.cocolog-nifty.com/cult/2006/07/post_3cf7.html
http://cultwatching.cocolog-nifty.com/cult/2006/07/post_5cac.html
http://cultwatching.cocolog-nifty.com/cult/2006/11/2_8405.html
http://cultwatching.cocolog-nifty.com/cult/2007/01/post_55e3.html
http://cultwatching.cocolog-nifty.com/cult/2007/01/post_3b01.html
http://cultwatching.cocolog-nifty.com/cult/2007/01/post_4937.html
http://cultwatching.cocolog-nifty.com/cult/2007/01/noh_jesu_hitots_96f7.html

http://cultwatching.cocolog-nifty.com/cult/2007/11/post_350d.html
http://cultwatching.cocolog-nifty.com/cult/2008/11/post-5f24.html
上記について、3日以内に全て削除し、対応の結果を報告することを求めます。
速やかなご対応を期待しております。

NR JAPAN株式会社 園田誠一郎

2010年11月2日、藤倉からの返答メール
NR JAPAN株式会社
園田誠一郎様

 平素は弊紙「やや日刊カルト新聞」をご愛読くださり、ありがとうございます。主筆の藤倉善郎です。

 本紙における、記事の削除や訂正にかんするご要望の手順をお知らせいたします。下記の事項を記載の上、改めてメールでお送りください。

・削除や訂正をご希望する対象記事のタイトルとURL。
・ご希望する対応の内容(削除なのか訂正なのか、など)。
・そのような対応をご希望される理由。
・記事の文章等のうち、問題であるとお考えになっている部分の、実際の記述(該当箇所を原文のまま引用してください)。
・それが問題であるとお考えになる具体的な根拠。

 削除や訂正をご希望される全ての記事、全ての記述について、それぞれに上記の事項をご記載ください。根拠を伴ったご指摘とご要望があった点について、対応を検討させていただきます。

 なお、10月31日に園田様からいただきましたメールでは、ご主張が曖昧かつ抽象的であり、記事の削除や訂正について当方で判断することが出来かねます。当該メールについては、ご意見、ご感想として扱わさせて頂きます。その点をご了承ください。

---
やや日刊カルト新聞
主筆 藤倉善郎
daily.cult@gmail.com
http://dailycult.blogspot.com/

 これを出したら、NR JAPANからはそれっきり何の返答もありません。

 2007年に「宗教&カウト・ウォッチ」宛に彼らが削除要求をしてきたときは、

削除要求が来る
 ↓
「根拠不明だから、根拠を示せ」と返答
 ↓
沈黙

 という流れで、彼らの方が抗議を放棄してきました。記事の訂正や削除を本気で願っているのか、それとも「抗議した」という事実を作りたいだけなのか、よくわからない態度です。

 今回もそうなんですかね。

■オルタナティヴ社からの削除要求の歴史
オルタナティヴ株式会社から削除・謝罪要求がきました(2007/01/10)
オルタナティヴ株式会社から削除・謝罪要求がきました2(2007/01/13)
オルタナティヴ株式会社から削除・謝罪要求がきました3(2007/01/22)
またオルタナティヴ株式会社から削除要求がきました(2007/11/01)

« ブログ名変更しました。 | トップページ | 明日、コミケに店出しますよ »

010:オルターカレッジ(オルタナティヴ株式会社)」カテゴリの記事

コメント

何かの拍子に「NR JAPAN」を検索してたら、このサイトにたどり着きました。
昔、見たことあったよなぁ、ここ。

たまたま知人にNR JAPAN関係の人がいて、いろいろ勧誘されました。
NR JAPANが主催する講座も受講したこともあります。(休日に受けられる、一番安い数千円のコース)

同じ講座に出ている方々と、何回か食事をしたり、情報交換をしましたが、
とても継続できないと思い、一切連絡を絶っています。
ステップアップするためには、結局「もっともっとお金を払い続けてください」てことでしたからね。

まあ、新鮮な思考には触れることが出来たので、講座受講料はお勉強代として考えています。
馬鹿な私には、彼らの提唱する崇高は思考は理解できなかったし、
深く理解するためには、とてつもなく高額な受講料を払わなければならず。
幸福になるのもお金次第ってことみたいですからww

一番疲れたのは、
「あなた、そんな考えしているのは、視野が狭いよ。これからはxxxx学で世界が動くんだから」
みたいなことをガンガン言われて、気がめいったことです。
そんなにガミガミ言わなくてもいいんじゃない?って思いましたね。

その後で、私が考えあぐねていると、
彼らの目つきが変わりましたよ。
 「馬鹿はいらね」
ってね。

ここも自己啓発セミナー会社だ
自己啓発ライフスペース成田ミイラ事件の高橋被告の出獄をまちかねている信者もたくさんいる。自己啓発セミナー会社は下火になったとはいえ
イルチブレインヨガもヨガで集客間口を広げ、自己啓発セミナー修練で高収入を獲る会社だ
危険極まりない

懐かしい!
オルターカレッジの勧誘を受けたことがあります。確か2004年だったと思います。
当時18ぐらいだったので勧誘とも知らず、「なんか新しい友達ができた」くらいの気持ちでつるんでいたら300万円の講習に誘われようやくその宗教性に気付いて距離をとったのです。
懐かしいなあ。当時の「友達」がまだ鮮明に思い出されます。元気そうでなによりですw

その時私に近付いてきた彼らも私と同世代でした。騙されてるよって説得したけど全然ダメでした。最後は泣いて別れたんですよー。

いつもカルト新聞楽しく拝読してます。これからも頑張って下さい。

これも アレじゃないでしょうか?

http://ameblo.jp/succha/entry-10482926795.html

脳が完熟して溶けだすような、チョントリーウィスキーのような・・

>関係ない第三者のサイトへの投稿で削除要請したって、正式もへったくれもねえだろ、正式に要請するならうちに直接言ってこいやボケ!みたいに言っておきました


こういう発言を平気でしてること自体、あなたの人格と資質を疑いますね。

Make your life time more easy take the http://goodfinance-blog.com/topics/business-loans" rel="nofollow">business loans and everything you require.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「やや日刊カルト新聞」初の削除要求キタ!:

« ブログ名変更しました。 | トップページ | 明日、コミケに店出しますよ »