幸福の科学

2014年1月19日 (日)

カルト的発想でカルトを批判してもしょうがないだろ

 日本テーラワーダ仏教協会事務局で、『怒らないこと』(サンガ新書)が大ヒットしたアルボムッレ・スマナサーラ長老の著作編集にも関わっているという仏教活動家の佐藤哲朗氏が、『日本「再仏教化」宣言!』(サンガ)という著書を発表。その中で、仏陀再誕はあり得ないとして、再誕の仏陀を自称する幸福の科学・大川隆法総裁を批判したようです。

 すぐさま幸福の科学がこれに反応。教団の機関誌『ザ・リバティ』のウェブサイトに、〈『仏陀再誕』を否定するものは仏教ではない〉という記事を掲載し、事実上、佐藤氏を悪魔呼ばわりしました。

 「大川隆法=仏陀」という教義を正面切って否定する仏教関係者とは、なかなか頼もしいとは思ったのですが、私は佐藤氏のTweetを読んで、著しく萎えてしまいました。論争の原因となった『日本「再仏教化」宣言!』は読まないと思います。どっちも似た者同士なので勝手にやりあってね、としか思えずにいます。

続きを読む "カルト的発想でカルトを批判してもしょうがないだろ" »

2014年1月 7日 (火)

業界人気取って知ったかぶるヤツってイラッとくるよね

Photo

やや日刊カルト新聞で「恥を知れ!」幸福の科学の霊言本キャンペーンでリブロが批判の的にという記事を書きました。

幸福の科学・大川隆法総裁が、昨年11月に亡くなったセゾングループ創業者・堤清二氏の霊を呼び出し語らせた内容を『渋谷をつくった男 堤清二、死後インタビュー』(幸福の科学出版)として昨年末に出版。これを、あろうことか堤氏が作った大型書店「リブロ」の池袋本店が、店の入口に面出し陳列して大々的に販売するキャンペーンを行って、ネット上で批判されてますよ、というニュースです。

この件は、やや日刊カルト新聞で記事にする前からTwitter上で話題になっており、リブロ池袋店がセゾン創設者の故・堤氏の「守護例本」を特設コーナーで販売→批判殺到というまとめもできています。

やや日刊カルト新聞での記事掲載後、記事のコメント欄で、以下のブログのエントリを知りました。

リリカル・ロジカル・ラジカル/リブロ炎上に寄せて

続きを読む "業界人気取って知ったかぶるヤツってイラッとくるよね" »

その他のカテゴリー